のめこい湯倶楽部 Nomekoiyu Club

2011年10月1日

のめこい湯倶楽部について

カテゴリー: 丹波好き~ — 元祖☆Tabasky @ 10:00 AM

元祖☆Tabaskyです。

のめこい湯倶楽部では、今後、ツィッターを利用しての情報発信をメインにして、村の観光情報、お楽しみ情報をお知らせしていきますので、よろしくお願いいたします。

ツィッターのアドレスは、http://twitter.com/nomekoi_yu です。
電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ。

●丹波山村観光協会(道の駅たばやま観光案内所)
電話 0428-88-0411
●丹波山温泉のめこい湯(丹波山村役場温泉観光課)
電話 0428-88-0026

2011年7月1日

夏は、涼しい麺! 本日、道の駅たばやまから・・・

カテゴリー: 道の駅たばやま — 元祖☆Tabasky @ 3:46 PM

7月1日(金)、のめこい湯に続けとばかり、道の駅の軽食堂でも夏のメニューを追加しました。

「夏は涼しい麺」ということで、「ごまだれ冷やしうどん」と「とろろ冷やしそば」をラインナップに加えての夏。

残念ながら、うどん、そばとも手打ちではありませんが、サッパリ・ツルツルと、まさにのめっこい味付けになっています。お値段もどちらも600円。夏限定の一品です。

ツルツル・カメカメ、鶴は千年、亀は万年、丹波山村も永久に不滅で…、といきたいですね~!

女王様、召し上がれ! 夏の丹波山でございます。

カテゴリー: のめこい湯 — 元祖☆Tabasky @ 12:43 PM

7月1日(金)、早いものでもう7月となってしまいました。

7月といえばもう夏、夏といえば川、川といえば丹波川、丹波川といえば渓流の女王ヤマメでしょ!ということで、我がのめこい湯の食事処も夏メニューにリニューアルしちゃいました!

すでに恒例になりました、のめこい湯の「季節の定食」。
今回は香ばしく炊き込んだヤマメご飯に半分の冷やし手打ちそばを中心に、天ぷら、刺身こんにゃく、味噌和え、お吸い物、お新香のセットとなります。お値段は1,100円となっています。

丹波山の夏、爽やかな一品を召し上がれ!

2011年6月1日

自宅のお風呂でも「のめっこ~い!」 温泉の素、新発売!

カテゴリー: のめこい湯 — 元祖☆Tabasky @ 8:18 PM

6月1日(水)、早いもので今日から6月、丹波山村でも先日、梅雨入りとなりました。
それにしても、季節はずれの台風2号には驚かされました。
幸い大きな被害はなかったものの、奥多摩湖畔で土砂崩れが発生して、国道が一時通行止めとなってしまいました。すぐに開通しましたが、こちらに向かうお客様にはご迷惑をおかけしてしまいました。

さてさて、通行止めばかりではありませんが、のめこい湯に行きたいけど行けな~い、そんな方に朗報です。
実は、この度、「のめこい湯オリジナル・温泉の素」を新発売!
丹波山村に来なくても「のめっこ~いお風呂」を味わってもらおうと作りました。かといって、現地まで来なくなってしまうのも困るんですが・・・(笑)

この温泉の基、のめこい湯の成分表を基にブレンドした粉末の温泉の素です。何ともすごい「科学の力」で生まれたんです。
ご自宅のお風呂にサッサと混ぜていただくだけで、本物ののめこい湯のつるつる・すべすべ感そのままで、香りもまさにのめこい湯そのもの!

お値段は3個入りパッケージで350円、10回用お徳用袋で700円となっております。
ご自宅で温泉気分が味わえますので、ご自分へのごほうびに、またお友達に「のめこい湯に行ってきました」とお土産にぜひ差し上げてください。

2011年5月13日

山菜のキング&クィーンの天ぷら、驚きの100円セール?

カテゴリー: 道の駅たばやま — 元祖☆Tabasky @ 7:37 PM

5月13日(金)、風薫る5月、そして不吉な13日の金曜日と相成りました・・・。

とはいえ、丹波山は新緑のまぶしい、爽やかな季節となりました。
丹波好き~な人たちに「あなたは新緑と紅葉、どちらが好きですか?」とたずねたら、どちらが多いでしょうかねぇ~? でも夏も冬もやっぱり好きだしね・・・。

どちらにしても、気持ちいい季節に変わりはありません。美味しい山菜もニョキニョキと生えてきています。
フキノトウ、コゴミ、タラノメ、ウド、コシアブラなどなど、山の幸が楽しめるのも、この季節ならではのもの。いやはや、うれしい季節です。

で、やってしまいました! われらが道の駅たばやま。
山菜まつりではありませんが、山菜天ぷら1皿100円セール!
しかも山菜の王様と言われる「タラノメ」と女王様と呼ばれる「コシアブラ」がセットというのだからすごいでしょ~?
写真はコゴミとコシアブラですが、14日(土)と15日(日)には王様&女王様セットで何と100円で販売しちゃいます!
数に限りがありますので、先着順です。

2011年4月8日

どれを選ぼうか?三つの味の「丹波鹿」、誕生!

カテゴリー: 道の駅たばやま — 元祖☆Tabasky @ 9:03 PM

4月8日(金)、道の駅たばやまからニュースです。
春の新メニュー誕生の話題は、温泉の食事処だけでなく、道の駅の軽食堂R411でも新しい味わいの登場です。

登場したのは、何と、待ちに待った「丹波鹿丼(たばしかどん)」の登場です。
道の駅たばやまの名物丼といえば、昨年の4月に登場した「豚とろ角煮丼」が長い間王者に君臨していたんですが、そこに話題の丹波山ジビエ料理でもある「丹波鹿丼」を投入、しかも二つの味わいときたもんですから大変です!
おまけに、レトルトで販売していた「丹波鹿カレー」も軽食で食べられるとあって、まさに「三つの味の丹波鹿」の誕生です。

丹波鹿丼の「ピリ辛」は、酢豚風に仕立てた野菜もたっぷりのちょっと辛口、「和風」の方は、しょうがで煮込んだちょっと甘口の丼、どちらの丼もおいしいと、早くから評判になりました。
本日開店して、一番最初に注文された男性のお客様は「和風」を召し上がりました。「新発売ですが、いかがですか?」とお聞きしましたら、「おいしい!」と言ってくださいました。
この丹波鹿シリーズ、丹波でしか食べられない味として、必ず、道の駅たばやまの新しい名物となってくれるでしょう!
軽食堂の新しいメニューの紹介ページはこちら。 【クリック】

春うらら、山菜天ぷらと本格九割そばに感激!

カテゴリー: のめこい湯 — 元祖☆Tabasky @ 8:00 PM

4月8日(金)、道の駅からのめこい湯に架かるつり橋の脇、ひとつふたつと桜の花が咲き出しました。
でも今年の春の訪れは大震災、原発事故、そしてなおも続く余震と、本当に心配な毎日となっています。

でも春の訪れ・・・、のめこい湯の食事処の季節メニューに春バージョンが誕生しました!
今回の季節の定食は「春の山菜天ぷら定食」です。
香り豊かな山菜ごはんに山菜の天ぷら、まぐろと鯛の刺身とうしお汁がセットとなった春限定のメニューです。

また、秋のセットで大人気だった「ミニ天丼セット」と「ミニまぐろ丼」も復活、今回は「うしお汁」とセットになっての登場です。

さらに、のめこい湯自慢の「そば」メニューが一新、全面的にリニューアルしました!
「丹波山特産の生わさびをおろして食べる、手打ちの九割、本格そば」をキャッチフレーズに、新・手打ちそばが登場!特製の麺とつゆで、通常の機械打ちの六四そばとの違いを味わってください。
通常の六四そばも、麺とつゆ両方とも新しく生まれ変わりましたので、こちらもご賞味ください。
新しいメニューの紹介ページはこちら。 【クリック】

2011年3月4日

手づくり「のめこい弁当」、まもなくデビュー!

カテゴリー: のめこい湯 — 元祖☆Tabasky @ 10:42 PM

3月4日(金)、我々のめこい湯スタッフが今取り組んでいること・・・。実は、お弁当なんです。

弁当ねぇ~、道の駅たばやまだから「駅弁」になるのかなぁ~、なんて思ったんですが、のめこい湯の食事処のお弁当なので、「のめこい湯弁当」にネーミングしちゃいました。

テーマは「手づくり」です。とことん手づくりにこだわった2種類の弁当を検討しています。
写真はAタイプ。「海老のかだいふ揚げ」に「赤魚の焼き物」、「鶏肉の塩ポン酢」などなど、多少冷めても美味しくいただけるようなセットを心がけています。

なぜ、今、お弁当かって・・・?
実は、我がのめこい湯の食事処はセルフサービス式・・・、ゴールデンウィークなど混雑時には少々お待ちいただくようになってしまいます。そんな混雑解消のためにも、また、団体様の予約として提供している「平日食浴プラン」など、さまざまな場面で活躍してくれる「のめこい湯弁当」になってくれることと思います。

2011年2月13日

ペッタンペッタン、モッチモチィ~の雪見餅?

カテゴリー: のめこい湯 — 元祖☆Tabasky @ 10:41 PM

2月13日(日)、のめこい湯恒例の「餅つき大会」。
今回もお客様もスタッフも一緒に玄関前に集まって、杵と臼で本格的に餅つきに興じました。

今日のお客様はとってもラッキーでした!つきたての美味しいあんころ餅と安倍川もち、2個セットが無料で振舞われました。

「ただ今から、つきたてのお餅をお配りしま~す。数に限りがあるので先着順になりま~す。」の館内放送に即反応、あっという間にフロント前には行列が・・・。

春まだ遠からじ・・・、雪を見ながらお餅で乾杯???
雪見酒ならぬ雪見餅・・・、大福餅なら雪見大福・・・?などと駄洒落を考えつつ、今後も、のめこい湯恒例「餅つき大会」、事あるたびに続けていきたいので、皆さんお楽しみに!

2011年1月11日

この木何の木?みんなが集まる木にな~れ!

カテゴリー: のめこい湯 — 元祖☆Tabasky @ 4:33 PM

1月11日(火)、のめこい湯のフロント前に謎の樹木が出現しました!
「この~木、何の木、気になる、気になる」、何とも奇妙な木ですね~。
白い花とオレンジ色の花(らしきもの?)が咲いて、何とにぎやかなことです。
しかもロビーの床を突き破って生えてきてしまったのでしょうか?

実はこれ、丹波山村の小正月の行事として行われている「まゆ玉飾り」という行事です。
丹波山村では「つげ」の木の枝に「だんご」と「みかん」をさして飾るのがならわしですが、養蚕が盛んだった昭和30年代頃までは、養蚕の豊作・五穀豊穣・無病息災・家内安全・商売繁盛を祈願してほとんどの家で盛んに行われていた風習です。

そういえば子供の頃、「だんご」の形を「干支の動物」にしたり、実家の商売柄、きのこの形に作ったりと、まるで粘土細工をするかのように、コタツを囲んで、家族団らんで作った記憶があります。楽しかったですね~。

このだんご、小正月が終わると砂糖と醤油で煮て食べるんですが、のめこい湯の食事処でもサービスで振舞う予定ですので、お楽しみに~。

古い投稿 »

Copyright(C)2007. Nomekoiyu,TABAYAMA Village Office. All Rights Reserved.