のめこい湯倶楽部 Nomekoiyu Club

2011年1月11日

この木何の木?みんなが集まる木にな~れ!

カテゴリー: のめこい湯 — 元祖☆Tabasky @ 4:33 PM

1月11日(火)、のめこい湯のフロント前に謎の樹木が出現しました!
「この~木、何の木、気になる、気になる」、何とも奇妙な木ですね~。
白い花とオレンジ色の花(らしきもの?)が咲いて、何とにぎやかなことです。
しかもロビーの床を突き破って生えてきてしまったのでしょうか?

実はこれ、丹波山村の小正月の行事として行われている「まゆ玉飾り」という行事です。
丹波山村では「つげ」の木の枝に「だんご」と「みかん」をさして飾るのがならわしですが、養蚕が盛んだった昭和30年代頃までは、養蚕の豊作・五穀豊穣・無病息災・家内安全・商売繁盛を祈願してほとんどの家で盛んに行われていた風習です。

そういえば子供の頃、「だんご」の形を「干支の動物」にしたり、実家の商売柄、きのこの形に作ったりと、まるで粘土細工をするかのように、コタツを囲んで、家族団らんで作った記憶があります。楽しかったですね~。

このだんご、小正月が終わると砂糖と醤油で煮て食べるんですが、のめこい湯の食事処でもサービスで振舞う予定ですので、お楽しみに~。

2011年1月2日

お正月、のめっこいお餅に大満足!

カテゴリー: のめこい湯 — 元祖☆Tabasky @ 4:29 PM

1月2日(日)、丹波好き~な皆さん、新年あけましておめでとうございます。
いきなりですが、のめこい湯のお正月といえば・・・、そう、「新年餅つき大会」と「新年大抽選会」ですよね。
今年も1月1日から3日まで開催していますので、皆さん来てくださいね。

「餅つき大会」は、今日も玄関前でペッタンペッタン。ヨイショー!と、本格的に杵と臼でつくんです。
誰でも参加OKとあって、親子で、そしてカップルで、ワイワイ楽しく餅つきを楽しみましょう、たこ揚げ、こま回し、羽根つきもしたいよねぇ~・・・。なんて、これぞ正しい「日本のお正月」といった風景です。
つきたてのお餅は「あんころ餅」「安倍川餅」「磯辺巻き」になってお客さんに無料で振舞われました。

「新年大抽選会」の方も、去年は創立10周年ということもあって、液晶テレビが当るという大盤振る舞いでしたが、今年は「生活第一?」ということで日用品が多く集まりました。
この景品の数々、実は当館の取引先である企業や商店に協賛をお願いして提供してもらっているんですよ。
ビール1ケースが当って大喜びのお父さん、お米が当ってバンザーイとお母さん、トイレットペーパーが当って複雑な表情のお父さんと満面の笑みのスタッフYさん。(笑)

とにもかくにも、のめこい湯の新年がスタートしました。
今年も、「丹波山温泉のめこい湯」と「道の駅たばやま」、よろしくお願いいたします。

Copyright(C)2007. Nomekoiyu,TABAYAMA Village Office. All Rights Reserved.